助産師になるためには

日本国内で助産師として活動するためには、助産師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を取得しなくてはなりません。

助産師国家試験の受験資格は、一般的に以下のようになっています。
看護師国家試験に合格した者、保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者又は同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するもの
1.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において6か月以上助産に関する学科を修めた者
2.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、厚生労働大臣の指定した助産師養成所(以下「指定養成所」という。)を卒業した者。
3.外国の看護師学校を卒業し、又は外国において看護師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に揚げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者

((公社)日本助産師会本部HPより抜粋)

→ (公社)日本助産師会本部のページはこちら

都内助産師学校

助産師を目指す方は助産師教育団体 公益社団法人全国助産師教育協議会
http://www.zenjomid.org/about/member_list.html ) のホームページをご覧ください。

TOPに戻る